『それぞれの甲子園2』のレビュー

それぞれの甲子園

漫画の詳細はこちら

作品紹介

平凡に生きてきた。流れるままに教師になり、義務として野球部の監督になった。私の平凡な人生に小石を投げ入れたのが、藤田だった。国立大学も夢じゃない成績をあげながら、甲子園出場を望み、練習に励んだ。県予選の準々決勝で逆転負けした時に、藤田の涙を見て、もう1年付き合ってやろうと決心する。翌年、あれよあれよという間に決勝戦まで駒を進めた。9回表、1点負けているところで、スクイズ同点に追いつく。後1点。思わず叫んでいた。夢を捨てるな!!

漫画の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました