『津軽青春山河3』のレビュー

全年齢向け

漫画の詳細はこちら

作品紹介

高校野球地区予選青森大会が始まった。1回戦で、9回までに6点取られてしまう陽平。その裏に二死満塁のチャンスがくるが、バッターボックスの陽平は応援席の遼子が倒れるのを見てしまい、三振に終わる。一高ナインは、気を取り直して秋季大会目指して練習に入るが、遼子が癌に侵されていることが判った。遼子は弥生を次の野球部マネージャーに指名する。ナインは弥生にも遼子の命が後僅かだと教え、残された時間を亮平に託した。秋季大会、危篤状態の遼子を残して試合に臨んだ一高野球部は、遂に第1回戦勝利を飾る。勝利の報告を受けた遼子は、全員にお祝いのキスをした後、弥生に今後を頼み、静かに逝った。自信が無かった弥生だが、マネージャーとしての才能を発揮し始める。

漫画の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました